まあ坊の気ままな投資日記

使い込んだ生活費何とか復元して
老後の生活資金積立てる記録です。

最後の雛祭り

妻の母の在宅介護が1月18日あっけなく終わりを告げました
痴呆を発症して8年
在宅介護治療期間が5年です
主治医の先生や看護師さん達に支えられて何とか続けられました
感謝の気持ちでいっぱいです
そんな母も最期は天使のような顔をして旅立ちました


昨年末 母の様態は主治医の先生からそんなに長くないと
告げられていたので
子供にかえっていた母に最期の雛祭りさせてあげたくて
節分前でしたが寝たきりの母に良く見える様にと
床の間にいろいろ工夫して雛人形の台を作りました


床に段ボールを敷きつめました

母の在宅治療のためのいろいろ機械などがありました
この写真見るたび妻が思い出して泣きます

床の間に昔使っていた大型テレビの台を利用しました


足が短いので作り変えです

階段に付ける木製の手すりがありましたので付け替えました

いい感じに仕上がりました

早速台をセッティングです

徳川の雛人形です
3代将軍家光公の御息女千代姫様のお輿入れの道具を参考に
作られています
実物は名古屋の徳川記念館で見れるそうです


屏風をセッティングです


なんとか説明書見ながら飾れました



飾られた雛人形達を見た母は上機嫌です
僅か3日だけの母の雛祭りでした
人形たちに見送られて
母は安らかに永遠の眠りにつきました


最後のクリスマス
最後のお正月
最後の雛祭り


楽しい思い出を残して母は旅立ちました



主治医の先生に最後の診断受けてから
深夜 葬儀のしたくにかかります
葬儀屋さんに連絡します


駆け付けてくれた親戚の人たちと
雛人形の後かたずけです
自宅での葬儀です


葬儀もあっという間に終わりました
まだ義母が生きている感覚が残っています


いろいろありましたが今思うと
看護させてくれた妻の母には感謝の気持ちで一杯です。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。