まあ坊の気ままな旅日記

軽キャンからピコ、マッシュに乗り換です。
貧乏車中泊を極める日記書きながら老後資金
を積み上げるための投資日記も書いてます。

2017年7月30日「知床峠」雲が目の前に迫って来ました。

2017年7月30日11時20分
「道の駅うとろ・シリエトク」を出て「知床峠」を目指します。
うとろ側から峠にに上る坂道から見る知床の景色は絶景です。


途中知床五湖には立ち寄らず知床峠を目指しました。
愛車のハイゼット君はターボが付いているので坂道も楽でいいです。


程なくキツネ達がが現れ出すと峠に到着です。
この日の知床峠は絶景です。

夏の知床峠は いつも霧がかかり なかなか晴れた日の風景を拝めません。

羅臼岳も綺麗に撮れました。

カメラを向けると青空から雲が迫ってくるんです。

この日も沢山の観光客がいました。 みなさん素晴らしい景色に圧倒されていました。

知床峠(しれとことうげ)は標高738メートルの峠で、北海道目梨郡羅臼町と斜里郡斜里町の境にある国道334号の峠です。

根室振興局とオホーツク総合振興局の境界になっています。

この峠のスポットもモダンな造りになっていました。

遠くに見えるのは国後でしょうか。

以前来た時は無か記念碑が出来ていました。

裏にプレートが嵌めこまれています。

知床の記念の節目に作られたようです。

7月にも残雪が頂上に残る知床峠ですが、もう雪は無いです。


目の前を雲が彷徨って見えます。

この坂を下ると羅臼町です。

知恵も晴れた知床峠を満喫したようです。

しかし いつもは寒いはずの峠が この日は暑かったです。
羅臼に向けて長い坂道を下って行きます。

2017年7月30日「道の駅うとろ・シリエトク」吹き抜けの中で涼みました。

2017年7月30日10時32分
知恵に板氷を抱かせているので 僕も安心して出かける事が出来ます。
道の駅に行く途中かわいい軽キャンの運転席に小型犬のワンちゃんがいました。
おかあさんと一緒に留守番みたいですね。

これまでの観光地ではアジア系の観光客は ほとんど見かけませんでした。

白人系の観光客が日本人と一緒に秘境巡りを家族で楽しんでいるようです。

この道の駅もお盆の夏休みシーズンは車と人で溢れる事でしょう。

カラフルなケーキがひときわ目を惹きます。

こちらは定番のお土産コーナーです。

吹き抜けのつくりなので外がいくら暑くても中は別世界です。

休日なのか 親子でスタンプラリーを楽しんでいます。

なかなか綺麗に押せませんでした。

記念の切符も買いました。

裏側のデザインは可愛いどんぐりとリスです。

灼熱の外に出ると喫煙コーナーがありました。
今時珍しい作りです。

いよいよ知床峠を目指すとします。



登録路線 国道334号
登録 第23回 (01099)
登録年月日 2007年3月1日
開駅年月日 2007年4月25日
営業時間 8:30 - 18:30(5月 - 10月)9:00 - 17:30(11月 - 4月)
所在地 〒099-4354 北海道斜里郡斜里町 ウトロ西186-8
 座標  北緯44度04分09秒 東経144度59分26


甲子園 2

今日は家族が待ちわびたドラフトの日


家族はみんな緊張していた


原辰則が指名された時である


余談ですが 私の中学のクラスメイトも甲子園のマウンド踏みましたが


指名はありませんでした 原監督率いる東海にボロ負けです。


話を戻します 脱線してご勘弁


家族誰しも同じ思いである 指名されますように


無情にも どの球団も指名は無かった


兄は諦めた 俺の野球人生はここでおしまい 進学させてね おふくろ


母一人の稼ぎである 大学出せるゆとりもありません


彼はバイトしながら進学です 


単純作業 重労働 頭を使わない仕事ならお手の物です 


名門野球部のしごき伊達に3年過ごしたわけではありません


彼はいくら仕事が忙しくても 授業だけは出ました


大学卒業の肩書はぜひ手に入れなければと


いくら上司に残業頼まれても断りました。


無事卒業です 母も感無量


バイト先のアパレルメーカーの社長に惚れられて入社


スポーツマンでイケメン顔 仕事先の女性担当者に気に入られて仕事は順調です。


彼は諦めていません


甲子園


いつの日にか俺の息子に野球教えて


息子に甲子園


託したい


原監督のような親子野球に感化されていたかもしれません


彼はある女性に求婚


地方で不動産屋を営む両親の愛娘


肌の白い小柄な美人妻 一人娘のせいか少しわがままな性格である。


彼女の両親からぜひ婿入りとせがまれましたが


彼も長男一人息子 母の手前もあり 丁重に断った。


実家を出て都内での借家での生活である


すぐにでも子供が出来そうなものですが


出来ません


環境が借家だから出来ないと思い 


ローンでマンション契約しました


無情にも夫婦にコウノトリは来ませんでした


妻は二人だけの生活も捨てたものでないわと内心思いましたが


夫の前では口に出しませんでした。


何事もないかのように平和に


月日は流れました。