まあ坊の気ままな旅日記

ご訪問 ありがとうございます。<(_ _)>

軽キャンからピコ、マッシュに乗り換です。
節約旅行で各地の名産物を買ったりして
楽しんでいます。最近のガソリン高騰
今年の秋旅は自作の軽キャンです(^_^)/

「角館武家屋敷・岩橋家/小田野家」(県指定史跡)「たそがれ清兵衛」の撮影場所です。


2018年9月20日16時30分
角館武家屋敷・石黒家を出て次の武家屋敷、秋田県指定史跡岩橋家(いわはしけ)

に到着します。
岩橋家も芦名氏の重臣で、芦名氏が絶えた後に佐竹北家に仕えた家柄です。

屋敷は江戸時代末期に改造、屋根も茅葺きから木羽葺きに変えられ現在の形になりました。角館の中級武士の屋敷として、間取りなどに典型的な形を残しています。

たそがれ清兵衛」の撮影場所です。入館料は無料でした。

中級武士の館なので敷地もそんなに広くありませんでした。

この屋敷も保存状態の良い質素な作りの武家屋敷でした。

岩橋家のシンボル、樹齢300年以上の天然記念物の柏の木です。

柏の木の横に、ひっそりと、とても小さな神社もありました。

次の館に移動する前に、もう一度岩橋家のお屋敷を ( -_[◎]oパチリ

次の屋敷は秋田県指定史跡小田野家(おだのけ)に到着します、入館料は無料でした。

小田野家は、今宮氏の配下から佐竹北家の家臣となった家柄です。

小田野家は、武芸の指南役として仕官します。かつては門を入った右側に道場がありました。伝統的な庭園が特徴の中級武士の屋敷です。


武家屋敷、小田野家に別れを告げて知恵の待つ愛車に戻ります。
帰る頃には女性の車やさんも半額セールです。
この日最後の仕事に気合が入っているようでした。


途中お土産店を見ながら行くと、一人の小柄な女性が声をかけます。


女性「何処から来たのですか?」
僕 「道東」
女性「何処に向かうのですか」
僕「会津から秋田経由で道東に帰るところ」
女性「ああ、会津の人なんだ。私以前郡山で売り子として働いていたの」


僕は思いました。ここで説明していると日が暮れそうな気がしました。
ことばの壁が二人を邪魔していると気が付いたのです。
僕も彼女も癖のある方言の気がしました。


僕「はい、会津です。元気で働いてください。」
女性「ありがとう」


かくして明るいうちに知恵の待つ愛車に戻ります。
今思うと、彼女から土産の一つでも買えばよかったかな後悔しています。


念願の角館武家屋敷の記事が無事書き終える事が出来ました。


長い時間のお付き合い ありがとうございました。<(_ _)>



2013年9月29日 初めての車中泊 出発

旅の記録として思い出しながら書きます 


2013年9月29日 13時20分 晴れ


この頃妻と些細な事で喧嘩ばかりしていて


気分転換に旅でも出ようと決断です


人生初めての独り旅ですよ


台所でゆで卵 適当に作って持参です 


家の愛犬ゆで卵が  大好きなんですよ


風呂に入り支度して 愛犬と一緒に自宅を出でました


帯広の国道沿いにあるモダ石油で ガソリン満タン給油です


北海道はモダ石油さんで給油する時はプリペイドカード作ると


ガソリン料金が安くて国道沿いに沢山あるから便利ですよ


愛車の燃費はリッタ-15キロと上々です


この頃はガソリン代が高騰していた時で確か170円したと思います


愛犬連れて慣れない車内共同生活 大変でした


車内に愛犬残してトイレ行くにも泣く始末です


この当時 まさか自分でブログなんて書こうと思わなかったし


写真もぜんぜん撮影してないです 


スタンドを後にしてあてのない旅に出ます 函館までも行こうかと軽い気持ち


日勝峠を登り峠の下のにある道の駅 樹海ロード日高 で車中泊しました 


到着午後6時頃だったかな 秋旅なので日が短くてそんなに走りません


ここの道の駅 樹海ロード日高 駐車場も広くてトイレも綺麗な道の駅です
 
夜の治安もいいところです 犬も安心して散歩させられて便利


自宅から持ち込んだ食料で過ごす


カセットコンロでお湯沸かしてあたたかいインスタントの味噌汁で体温めました


北海道の秋の夜の車内では暖房もないので


とても寒くて缶ビールに手は行きません


18時52分


妻に携帯で現在地知らせて 軽く話します


自宅に連絡入れて話したせいか 運転の疲れのせいか 


しだいに意識は遠のきいつの間にかぐっすり眠りこみました。


そんなに遠くに行くつもりなかったんだけど


まさかあんなに遠くに行くなんて思わなかったです。


初投稿 2017/10/30(月) 午後 3:18




ご訪問、ありがとうございます。 <(_ _)>


「角館武家屋敷・石黒家」角館最古の武家屋敷です。|秋田県仙北市


2018年9月20日16時18分
青柳家(秋田県指定史跡)の北に隣接する石黒家に来ました。

石黒家(いしぐろけ)は、秋田県仙北市角館町の通称「武家屋敷通り」に所在する
武家屋敷のひとつです。公開中なので屋敷に入ります。

石黒家の薬医門には、文化6年(1809年)4月27日の墨書銘との矢板があり、角館に現存する武家屋敷のなかで年代の確認されるものとしては最古の建物となっています。

入り口で入館料400円を払います。パンフレットはありませんでした・・・・・
石黒家は佐竹北家の家臣で、財用役や勘定役といった財政面を担当しています。

この屋敷は、嘉永六年(1853)に蓮沼七左衛門から買受しました。その時添えられていた
図面も現存し、現在の主屋の部分とほぼ変わっていません。


玄関は、上位もしくは同格の身分の者が使える正玄関と、下位身分の者が使う脇玄関の2箇所あります、正玄関には起り破風と懸魚があります。


石黒家の屋敷は仙北市の史跡に指定されています。また、石黒家の周辺6.9ヘクタール
は武家町として江戸時代の街並みや建造物の古式をよく遺していることから、1976年
(昭和51年)、長野県の妻籠宿や京都市の産寧坂などとともに、日本で初めて国の重要
伝統的建造物群保存地区として選定されています。

炭を入れて使われている囲炉裏がありました。

見事な着物が展示されています。

神棚が壁の中に入れられています。

佐竹北家に仕えた石黒家の家格は家老格の小野崎家(200石)に次ぐ150石取り、財政を担当する用人です。

建物を風雨や災害から守るために、いろいろな工夫が施されて屋敷でした。

座敷の欄間の亀の模様は、木目を水面の波紋に見立てているそうです。

床の間と出窓と格子、日本の美が此処にあります。

青柳家にも引けを取らない素晴らしい庭園です。

石の中に水を入れて手洗いに使っていたそうです。

天神様を崇める人形のようです。


石黒家に伝わる甲冑と陣羽織、笠、武将の気迫が伝わります。

石黒家の家紋です。


水は飲めないようです、たぶん井戸水を利用しているせいかもしれません。

石黒家を出て次に移動します。


ご訪問、ありがとうございます。 <(_ _)>