まあ坊の気ままな旅日記

軽キャンからピコ、マッシュに乗り換予定中です。
貧乏車中泊を極める日記書きながら老後資金
を積み上げるための投資日記も書いてます。

2017年4月2日 「Cyda(シーダ)」北海道キャンピングカーフェスティバル 4

 バンテック社の新型 ライトキャブコン「Cyda(シーダ)」です。
我が家がマッシュの契約を済ませた後に発売されました。
興味がありましたので撮影しました。

2段ベット下の収納ペースです。
マッシュと同じくらいのペースです。


車内からもアクセスできる収納ペースです。


流し台の横にクローゼットが設置されています。
狭いですが凄く重宝出来るペースだと思います。

向かい側にあるマルチルームの中です。
外とアクセスできる扉もあります。

上部に立派な棚が設置されています。
小物が沢山置けそうです、さすがバンテック社ですね。

下にはシャワーパン仕様のトイレ収納ペースがあります。

しかしトイレ使うたびに上に移動するのは面倒な気がします。


バンクベットにも左右に開閉式の小窓があります。
しかしカーテンは無いようです。

ベースのトラックがマッシュと同じです。



「Cyda(シーダ)」でした。

2017年4月2日「マッシュ」北海道キャンピングカーフェスティバル 3

いよいよナッツ社の新型マッシュ見学です。
最初はタイプXXからです。

後部にダブルベットがあります。
大人二人でゆったり寝れるペースです。
しかしマルチルームが無いためトイレルームが作れません。

スライド式のバンクベッドには大人と子供一人は余裕で寝れます。
両サイドに開閉式の小窓も左右に設置されて暑い夏でも涼しく寝れます。

ライトキャブコンにしては余裕の広さのダイネットです。
大きな窓から海辺を見ながら食事をすれば最高ですね。

興味のあるお客さんが次から次と見学です。

新型マッシュのカラーリングも新しいデザインです。

ナッツ社ではマッシュXXが一番のお勧めみたいですね。


いよいよ我が家のマッシュWタイプです。
今回はローンの金利も1.9%です。
新型マッシュは後輪がダブルからシングルになり若干高くなり
サイドステップが非常に狭くなりました
油断していると躓いて転びそうです。

ベース車は日産のバーネットからマツダのボンゴトラックに変更です。

奥には2段ベットとマルチルームのトイレペースもあります。
流し横のポケットの棚にステンパイプが設置されて
いろいろな小物を安心して置けるようになりました。


キャブコンの中では軽キャンより少し大きいジャストサイズのマッシュは
見学客達に人気がありました。





2017年4月2日 北海道キャンピングカーフェスティバル 2

来場客の関心が高いキャンピングカーは軽キャンです。
人だかりでなかなか撮影できません。


いろんな人たちがナッツの社員に質問です。


こちらはスタンダードタイプです。
狭い空間を工夫して有効活用です。

こちらはポップアップルーフ付の限定車の内部です。
外見もカラフルですが内部の色と言いデザインといい
斬新です。
400万円の価値はありそうです。

ポップアップルーフの解放感は凄いですね。

ベッドの下も収納ペースがあります。


短いシヤッターチャンスなのでピンボケの写真もあります。

大型のキヤンピングカーにはあまり人がいませんでした。