まあ坊の気ままな旅日記

軽キャンからピコ、マッシュに乗り換です。
貧乏車中泊を極める日記書きながら老後資金
を積み上げるための投資日記も書いてます。

2017年10月9日「道の駅平泉」黄金のスタンプです。

2017年10月9日


中尊寺の探検を無事終えて近くにあるはずの道の駅平泉を探しますが
なかなかたどり着けません。


2017年(平成29年)4月27日にオープンしたばかりの道の駅なので
私の新しいナビにも記録されていませんでした。


国道4号線をぐるぐる回りながら何とか辿り着きました
場所が国道より低いせいか見づらかったようです。


道の駅に愛車を停めると 隣にいた大型ミニバン(たぶんキャラバン)
福島ナンバーから小柄な男性が駆けつけて来て気さくに話しかけて来ます。


後から奥さんも話に加わります
会社をリタイア後大型のミニバンを購入して日本全国 夫婦で回っているとか


今年の夏は北海道を回って来て楽しかったよと 僕のナンバーをみて
北海道を懐かしんで話しかけて来たようです。


それと北海道から小さな軽自動車で車中泊の旅を続けている事に
感心していたみたいです。


奥さんも良くこんな小さな車で寝れるものだと凄く感心しています。
相棒の知恵がいるのに気づき二度感心します。


福島の御夫婦の事も尋ねてみると元々は福島で農家でしたが原発の事故で
自宅に帰れず 他の場所でバスの運転士で生計を建てて 何とか無事定年


念願のミニバンで夫婦で日本各地を車中泊旅行の夢が実現したそうです
福島のお父さんは熱く語りかけます 東北を応援して欲しいと。


僕も先日妻と買い物に行きスーパーでお米を買いました
お店の人は北海道米を進めます その米の会社はスポーッを応援しているそうです


僕は店員さんに 「東北を応援しているので東北のお米を買います」と言うと
彼女 顔面がみるみる変わり 怒らしてしまったようです・・・・・


あの事故から月日が流れ記憶が薄れていますが
東北の事はまだまだ応援したいです。


福島の御夫婦と話しているうちに あたりは真っ暗です でも道の駅の中は
近未来的な感じの明るい作りでした。


売店も閉店間近なので急いで記念の切符を買いに行きましたが
まさかの売り切れです


株の世界にも真坂が現れますが道の駅のせかいにも真坂が現れました・・・・
道の駅平泉の切符一度観て見たい物です。


記念スタンプは平泉らしく黄金の色です。
風格のあるデザインです。



ハイゼットに帰り薄暗いランタンの灯りの中で知恵と二人の夕食です
自炊はまだまだ出来そうにありません。


2017年10月10日7時43分



目を覚ますと天気が良くないです、テレビをつけて週刊天気予報を
見ると東北地方 これから一週間雨マークです。


天気がいいのは関東から下の方です 天気さえ良ければまだまだ
探検する所が沢山あったのですが 断念です 空を見ても今にも
振りそうな天気です。


道の駅平泉を後にして次の目的地に愛車を走らせます。


道の駅平泉(みちのえきひらいずみ)は、岩手県西磐井郡平泉町にある
国道4号に、2017年(平成29年)4月27日にオープンした道の駅です。

愛称は黄金花咲く理想郷(くがねはなさくりそうきょう)です。

ここは平安時代末期の遺跡、柳之御所遺跡(やなぎのごしょいせき)
の資料館でもあります。


災害時の非常用発電機、災害用トイレ、受水槽、備蓄倉庫などを備え、
災害時には防災拠点として機能する道の駅です。




登録路線 国道4号
登録 第46回 (03032)
登録年月日 2016年10月7日
開駅年月日 2017年4月27日
所在地 〒029-4102 岩手県西磐井郡平泉町 平泉字伽羅楽112-2
 座標
北緯38度59分30秒 東経141度07分18秒座標: 北緯38度59分30秒 東経141度07分18秒
 


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。