まあ坊の気ままな旅日記

軽キャンからピコ、マッシュに乗り換です。
貧乏車中泊を極める日記書きながら老後資金
を積み上げるための投資日記も書いてます。

2017年7月30日「道の駅うとろ・シリエトク」番屋風の造りでした。

2017年7月30日10時18分
「道の駅はなやか(葉菜野花)小清水」を出て渋滞も無く順調に目的地
道の駅うとろ・シリエトク(みちのえき うとろシリエトク)に着きました。


道の駅うとろ・シリエトクは、北海道斜里郡斜里町ウトロにある国道334号
の道の駅です。


「シリエトク」の意味は、アイヌ語で「陸地・大地」の「先端・前」の意味
だそうです。北海道はアイヌ語の地名の場所が多いです。


天気も良く車内の温度も上がっているので道の駅の向かいにあるセイコーマートで
知恵の為に板氷を買いました。

道内のセイコーマートの多くはゴミ箱を外に設置してくれて便利なのですが
ここのお店は店内の奥にあり探すのに苦労しました。

この場所には野生の動物たちが住んでいるので臭いを出さない配慮なのかと
勝手に想像して納得しています。

道の駅の看板も世界遺産知床を意識してか どことなく風格があります。

軽のキャンピングカーも最近増えています。

道の駅の裏側もなにか大きな工事をしていました。

とても広い駐車場です。国道の近くに車を停めたので建物までの距離が長いです。

斜里側の景色です。

木が生い茂っています。

釣り人でしょうか 積んできたバイクを下してテントを張っていました。
この場所は道の駅に隣接しているゾーンです。

車のボディにステッカーを張りまくり観光している横浜ナンバーの車がいました。

バイクでツーリングを楽しんでいる集団にも遭遇です。
これから道の駅を探検します。


2017年7月30日「道の駅はなやか(葉菜野花)小清水」青森から来た人。

2017年7月30日「道の駅はなやか(葉菜野花)小清水」の売店は9時に開きます。
5時頃到着しているので 4時間潰さなければいけません


知恵と一緒に道の駅を散歩していると 一台のミニバンを熱心にペットボトルの水
をかけながらスポンジで虫取りに せいを出している男性がいました。


話しかけてみると 彼は地方公務員を定年退職して青森から北海道に渡り
車中泊しながら道の駅スタンプラリーを続けているとの事。


そんな彼がいきなり「洗濯に行かないかと」誘います
ここの道の駅もたしか洗面でも洗濯行為は禁止です


「自分はコインランドリー使うから洗う物は無いと断ります」
監視カメラでも撮られるのに大胆な人ですね


しばらく彼を見ていると施設の陰に洗濯物を干し出しました
大きな看板で禁止されてる事なんですが・・・・・・


彼が突然 記念に良い景色を見たいので此処で景色の良い場所はないか 
と聞いて来たので


フレトイ展望台が一番見晴らしが良いですよ と教えました
僕はあの事件の事知らなかったので何も考えずに教えました


彼は早足で展望台まで行きました しばらくして彼は帰って来ました
彼も この展望台の噂を知ったら一生忘れられない場所になると思います。


いよいよ9時です スタンプブック片手に並びます
休日なので沢山の参加者が集まっていました


今 気ずいたのですが あのピラミッドの写真一枚しかないのです
普段なら沢山撮るのに・・・・・


道の駅の写真も少ないです 売店の写真もありません
その時はただ暑くて 
一分でも早くここから出たいと心理がそうさせたかもしれません


無事記念のスタンプを押します。

この後いよいよ宇登呂を目指して「道の駅はなやか(葉菜野花)小清水」
を後にしました。




甲子園 3

今日は甲子園の決勝戦


彼は冷えた缶ビール片手にテレビに釘付けである


母校の野球部が久しぶりの甲子園での活躍


監督はチームメイトで特に仲のいい奴だ


マスメディアが彼の偉業を褒め称える


母校の大活躍 後輩達の活躍 嬉しくないはずがない


前の晩 監督であるチームメイトに激励のメールも出した


ついに優勝である 


奴が母校の優勝監督 


長男は複雑な心境だ 


妻は留守である 二人はいつもすれ違い 


妻は陶磁器づくりに御熱心の用だ 何日も家には戻って来ない


彼はまだ隠居する年ではない 交際している女性がいる


離婚したばかりの子連れの彼女だ


彼女は美人な小児科の女医 子供はもうすぐ中学


医者同士の結婚であったが仕事柄すれ違いの毎日


彼女が先に離婚を言いだし 子供も彼女が引き取る


ふとしたところで二人は出会った


彼女はスポーツマンタイプの長男にゾッコン 


「ねえ 息子野球してるの 教えてくれないかしら 」


彼女は彼が子供に興味ある事を察して彼に近づく


2人は自然に結ばれた


妻の留守の日はいつも彼女と逢引き


昨夜の女医の言葉が彼の脳裏に何度も蘇る


貴方の奥さん不妊なのよ あきらめて  私が貴方の息子私が生んで見せる


今すぐ奥さんと別れて結婚してほしい


女医は本気である


彼は決心した


妻に電話で離婚を告げる


周囲は猛反発 彼の意思は固い 妻も根負けして離婚に同意する


ローンで組んだマンションは精算したら赤字であった


手元の預貯金はすべて妻の慰謝料に消えた


彼は裸同然で女医と結ばれた


義理の息子とも相性は良かった


息子も本気出して野球の練習に励む


半年が過ぎても


女医のお腹は彼の期待通りにならなかった


どうやら不妊の原因は妻で無かったらしい


彼は落胆したが


振り返りはせず真っ直ぐ進んだ