まあ坊の気ままな旅日記

軽キャンからピコ、マッシュに乗り換です。
貧乏車中泊を極める日記書きながら老後資金
を積み上げるための投資日記も書いてます。

2003年10月8日「オンネトー」オンネトー湯の滝。

2003年10月8日13時38分


北海道の足寄郡足寄町東部に位置する阿寒国立公園内に


オンネトーという神秘的な湖があります。


湖の名前の由来はアイヌ語で「年老いた沼」あるいは「大きな沼」の意味です。


オンネトーの湖から細い林道を30分位歩いて行くと


天然記念物のオンネトー湯の滝があります。



微生物によって酸化マンガンを生成する現象が発見された学術的に貴重な場所です。

中央に見える小さな小屋の後ろに混浴露天風呂がありました。

今は微生物保護の為 入浴は禁止されています。


この時は若い男女が良く入浴に来ていました。
温めの温度で長時間ゆっくり入れたそうです。

小さな池があり 温度も高いので 誰かが放した熱帯魚がたくさん泳いでいました。

最近は熊が出没するようで立ち入りが制限されて
行けなくなりました。
今話題のあの人なら探検に行くかもしれませんね。


2003年10月8日14時23分オンネトーに戻ります。

北海道三大秘湖の一つとされているオンネトーです。

透明度でも摩周湖に引けをとりません。

当時出始めのデジタルビデオカメラの画像なので いまいちですが。

今度探検に行ってみようと思案しています。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。