まあ坊の気ままな旅日記

ご訪問 ありがとうございます。<(_ _)>

軽キャンからピコ、マッシュに乗り換です。
節約旅行で各地の名産物を買ったりして
楽しんでいます。最近のガソリン高騰
今年の秋旅は自作の軽キャンです(^_^)/

2018/9/20 角館 武家屋敷通り (仙北市)


2018‎年‎9‎月‎20‎日、‏‎15:57:08
田沢湖の辰子像見物を終わらせ次の目的地、武家屋敷通り (仙北市)に到着します。
武家屋敷通り(ぶけやしきどおり)は秋田県仙北市角館町の道路です。


古城山(かつて角館城があった地である)山麓の国道46号から南へ伸びている、
かつての侍町である角館の内町を貫く南北方向の通りです。


この地で歴史的建造物の探検をします。公営の駐車場、仙北市桜並木駐車場を見つけ
入り口で500円を笑顔で迎えてくれた女性の係員に渡します。

領収書と地図のパンフレットを貰います。

いよいよ本物の武家屋敷を探検です。
駐車場近くのお土産店には寄らないで明るいうちに探検です。
武家屋敷通りを歩くと途中に公園あり、トイレを借ります。

公園の関係者専用の駐車場に一般の車が止まっていましたが、その車は帰りに警官に
切符を切られていたようです。やはり公営の駐車場に500円払う方が安いです。

角館樺細工伝承館 大人300円ですが時間が無いのでパスします。

角館樺細工伝承館を門から拝見しますと、カラフルな洋館です。

建物の玄関を支える柱がローマ式の円柱に似ています。

武家屋敷通りには女性の車屋さんが、お客をのせて優雅な人力車を引いています。
江戸時代と明治時代の再現です、これに駕籠かきがいれば鬼に金棒ですね。


いよいよお目当ての角館歴史村に到着します。胸が高鳴ります。

入り口で入館券を500で買います。

角館歴史村・青柳家 みちのく四百年の歴史を語る武家屋敷

入館券と一緒に立派なパンフレットも貰います。青柳家の事が詳しく書かれています。

よみがえる文化遺産 みちのく小京都の小さな探検がはじまります。


ご訪問ありがとうございます。 <(_ _)>



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。