まあ坊の気ままな旅日記

軽キャンからピコ、マッシュに乗り換です。
貧乏車中泊を極める日記書きながら老後資金
を積み上げるための投資日記も書いてます。

2017年7月30日「道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠」未確認生物(UMA)怪獣クッシー君です。

2017年7月30日
 レストハウスの中に小さな食器棚のようなものに
こじんまりと控えめに地元商品の宣伝をしています。



レストハウスから峠の眺めです。


ガラスの手入れが行き届いているので、外の景色が完璧に綺麗に見れました。


部屋の中央に、初代の「美幌峠標柱」が保存されています。
窓側なので逆光で見えませんね 
しかし紫外線で標柱が痛まないのかと疑問に思いました。

美幌峠の文字は4面に書かれていたんですね。


美幌峠レストハウスの超目玉観光資源怪獣クッシー君です。
クッシーは、北海道屈斜路湖で1973年から目撃証言のある未確認生物(UMA)です。


昭和の時代 イギリスのネス湖に生息するネッシーブームが世界を席巻していました。

それに対抗して日本に登場した未確認生物(UMA)が怪獣クッシー君です。


クッシー君のおかげで強力な観光資源が増えて地元の経済も潤ったはずです。
クッシー君への感謝の意味もあるのでしよう 木彫りは大事に保存されています。


階段を下りると、お土産売り場に行けます。エレベーターもありますから安心です。


美幌峠で黒の服が似合う女優さんのような若い奥さんが景色を眺めていました。
その若い奥さんの眺める姿が不思議と芸術的な絵になっていました。


美幌峠と若い奥さんは絵になりますね。
 君の名はの物語のヒロインも若い主婦でしたね。


蝦夷鹿の毛皮です。


広い売り場に、いろいろな商品が並んでいました。


記念のスタンプをゲットです、切符は購入済みです。


追加のビニールの収納シートーだけ買いました。


スタンプの図柄は美幌峠の標識と斜路湖です
次のスタンプにはクッシー君も仲間に加えて欲しいですね。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。