まあ坊の気ままな旅日記

軽キャンからピコ、マッシュに乗り換です。
貧乏車中泊を極める日記書きながら老後資金
を積み上げるための投資日記も書いてます。

2017年10月9日「カッパ淵」伝説のカッパを捕獲です。

「常堅寺」を通り過ぎて、いよいよカッパ淵へと向かいました。
何やらカッパ淵の看板がありました。
ここの河童に川に引き込まれぬ様に注意せよと書いています。

古びた神社がありましたので探検です。

荒れ果てた神社です。

奥にも何かありましたが 
少し傾いていました。
これが噂の 
カッパの神様かもしれません
直したい気持ちを抑えて次に進みました。

途中変わった形の大木の後です。

石にも何やら書いています。

この釣竿でカッパを捕獲するようです。

伝承園でもカッパ捕獲許可証が売っていたようです。

遠野風の丘道の駅で買った許可証です。

釣の前にもう一度注意書きを読みました。

此処の河童達は美男と美女にしか興味は無いようです・・・・・

カッパ様にキュウリが供えられています。

このカッパさんは赤ちゃんを抱いています。

カッパの神は乳の神様です。
立派な供え物
ここに祈願しに来た女性が供えたかもしれませんね。

ここにも沢山の物が奉納されています。

釣竿に許可証を巻きつけて餌のキュウリを巻きつけても
カッパは捕獲できません
観光客が沢山来るので隠れているかもしれません。

何か書かれています。
ここは昔陸奥六郡に勢力を誇ったあの安倍氏の館の跡地らしいです。

安倍氏の館跡の説明が詳しく書かれています。

源氏の棟梁 八幡太郎源義家公もこの地に立ち

この景色を眺めていたと思うと 考え深いです。

カッパ淵を後にして

来た道を戻ります。


遠野の探検もこれで終わりです。

今夜は道の駅遠野風の丘で休む予定でしたが・・・・


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。